ご挨拶

代表近影初めまして。
転職創研代表の和多田 保と申します。

大学を卒業後、出版社の編集職を経て、社会保険労務士として独立。 その数年後、縁あって転職支援に携わるようになり、これまで数多くの方の転職のお手伝いをしてきました。

その中で常に感じてきたことは、
「価値を伝えることの難しさ」
です。

多くの場合転職活動とは、認知度ゼロの「赤の他人」の状態から「採用したい」とまで思わせなければならない、極めて難易度の高い活動です。

ただ理解されるだけでなく、たくさんのライバルひしめく応募者の中からベストな存在として選び出されなければならないのです。

転職活動を勝ち抜くために最も欠かせないスキルとは、実は総務や経理や営業といった、あなたがこれまで培ってきた本職でのスキルそのものではありません。

自分の価値を表現し、伝えるスキルです。

あなたがどんなに優秀な職業人だったとしても、それを採用担当者に伝えることができなければ、あなたの価値は存在しないに等しいからです。

あなたの価値を伝える上で最初にして最大の難関が、書類選考です。

何しろ、数枚の紙の上の情報だけで、大半の応募者がバッサリとふるい落とされてしまうのですから。

書類選考で落選してしまえば、面接で直接口頭でアピールすることもできません。

つまり、より正確に言えば、転職希望者が真っ先に求められるのは、
「紙の上で自分の価値を表現するスキル」
なのです。

インターネット全盛の時代になっても、実はその本質は変わっていません。

長い方なら30年以上もの経歴・キャリアを数枚の書類に凝縮し、なおかつ最大限にアピールするには、実は極めて高度なノウハウやスキルが求められます。

そしてその数枚の書類の出来が、転職活動の成果を、ひいては人生そのものを左右するのです。

しかし、そのことを本当に理解している人は、ほんの一握り。

完成度の低い応募書類のままで転職活動をすることは、鉄砲に弾を込めないで戦(いくさ)に臨むようなものなのです。

そして、転職コンサルタントとしての私の最大の強みは、まさにこの書類作成コンサルティングにあります。

私のスキルのベースは出版社の編集職で鍛えられた文章力や文書作成力であり、そこに転職コンサルタントとしての実務経験が加わって、応募書類作成の成功方程式を導き出してきました。

この人生がかかった書類を磨き上げる作業は、わずか数枚だからこそ奥が深いし、だからこそやりがいがあります。

あなたも一緒に最強の応募書類を作り上げて、希望の転職を果たしませんか?

 

プロフィール

1968年兵庫県出身。
大阪大学 経済学部 卒。

キャリアコンサルタント・社会保険労務士として、低迷する転職市場において、

「最短の期間で最大限の成果を生み出すためのトータルな転職ノウハウの提供」

を、全国の転職志望者に行っている。

book1社会保険労務士としては、販売部数1万部超の著書、『働きながら1年で!社労士最短合格の時間術・勉強術』(インデックス・コミュニケーションズ社)がある。

通信教育大手の(株)増進会出版社(現「株式会社Z会)で編集職をメインに11年余り勤務。

難関大学・高校受験用のハイレベルな英語教材の作成に従事する。
指導部主任を務め、売上規模40億円のプロジェクトリーダーにも任命される。

合格率8%前後の国家資格である社会保険労務士に興味を持ち、在職中に知識ゼロから8ヵ月で一発合格を果たす。

後年、その際の学習ノウハウをまとめて上述の著書として出版し、アマゾンの資格本部門でトップ10入りする。

合格の翌年に独立して和多田社会保険労務士事務所を開設。
中小企業に対して助成金や労務のコンサルティング等を行い、セミナー活動も活発に行う。

同時に、同業者である士業者に対する営業ノウハウ提供サイト、「士業成功案内」を主宰。

まぐまぐから発行のメルマガ「士業成功案内」は、ビジネス部門新着1位を獲得(サイト・メルマガとも現在は終了)。

その後、リーマンショックを機に転職支援業務に興味を持ち、「ベルコリンズ研究所」と提携し、中高年を中心とした転職支援ノウハウの習得と実践に従事。

さらなる転職ノウハウの向上を目指して、「転職創研」を設立し、転職者本位の転職支援を行っている。

book22012年3月には、自己PR文の書き方について徹底的に解説した書籍を出版。

『これで決まる 転職・再就職のための「自己PR文」の書き方』(日本実業出版社)

文章力を活かした応募書類の作成指導等で転職希望者を強力にサポートしている。